ビフィズス菌 便秘解消

便秘がちな方には絶対ビフィズス菌

私の周りには便秘の女性がたくさんいます。
私はどちらかというと、下痢はするけど便秘はほとんど経験がないので、
どうして便秘になるのか理解できません。
先日も、友人が3日前から便秘で、炭水化物ダイエットを始めたというのです。
それで便秘が解消するんだろうか?
疑問に思ったので色々調べてみました。

ビフィズス菌

 

便秘の人に欠けているのは、大腸のビフィズス菌だと考えられます。
腸内環境を整えてくれるビフィズス菌。
大腸が悪玉菌に侵され悪玉要素で満たされてしまうと、
たちまち排便などの基本的な代謝活動が阻まれ
便秘の原因になるそうです。
そう考えると、ビフィズス菌が足りないから便秘になっている。
と考えられますよね??
じゃあ、どうするか?
単純に、ビフィズス菌を摂ってみればいいんじゃないですか?

 

便秘対策に効くものは?

乳酸菌よりも効果があるのは、葉酸などのビタミンB群を作ることができる点です。
逆に、便秘で困っていないなら、ビフィズス菌よりも乳酸菌を摂ることをおすすめします。

 

便秘で困っている人は、食事とスポーツは基本ですが、
どうしても、時間がない、スポーツは苦手、好き嫌いがある。。
という人には、ビフィズス菌LKM512配合のヨーグルトがおすすめです。
この ”LKM512” というビフィズス菌は、おなかの中で増殖して腸を活性化してくれるので、とても効果がありそうです。
気軽に摂れるし、おやつ代わりに、朝食に気軽に摂れますよね。

 

 

 

自分でも作れるビフィズス菌

便秘の人は、単に運動不足とか食事が偏ってる、という単純なものではなさそうですね。
ビフィズス菌を毎日継続して摂取することで、
腸内を改善でき、より健康にしてくれることが見込めるので、
この際、自分でビフィズス菌を作ってみませんか?

 

手作りヨーグルトを作るための種菌を入手して、自分で手軽にビフィズス菌作りができるキットがあるんです。
ヨーグルト種菌1包(2g)と牛乳1?パックで約1?のヨーグルトができるんです。

 

手作りヨーグルトができるキットはこちら

 

  1. 粉を牛乳の中に入れ、
  2. かきまぜ、
  3. 8〜10時間発酵させ、
  4. 冷蔵庫で冷やし固める。

 

以前流行ったカスピ海ヨーグルトよりも、もっと簡単そうですけど。(私的には)
おなかまで生きたまま届き、さらにおなかで増えるビフィズス菌 「LKM512」
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

 

便秘ではない人には?

逆に私のように、便秘しにくい人や、乳糖不耐症という体質の方は、
乳糖を分解できずに下痢してしまう可能性が高いのです。
牛乳が苦手だったり、下痢しやすい方は、
例えヨーグルト等であっても、逆効果なので控えるようにしましょう。
あくまでも、便秘の方にはビフィズス菌が効果的なだけで、下痢しやすい人は逆効果なので要注意です。
そんな人は、まずは定期的な運動を!!!